新機能 オンラインイベントが検索できるようになりました。オンラインイベントとして検索できるようにするには こちら をご確認ください

このエントリーをはてなブックマークに追加

Jan

14

2時間でウェブサイト構築!Drupalハンズオン

Organizing : アクイアジャパン

Hashtag :#drupal
Registration info

参加枠

Free

FCFS
13/5

Description

2時間でウェブサイト構築!Drupalハンズオン

DrupalはオープンソースのWebサイト開発のためのプラットフォームです。コンテンツとユーザの管理をシンプルにし、小規模から大規模まで世界中の様々な数百万ものWebサイトがDrupalの上で動いています。

自分でウェブサイトを構築したい、企業で導入を検討している、またはDrupalに興味がある方に向けの初心者向けハンズオンです。

ハンズオンの概要

  • Drupalの概要
  • Acquia Cloudのアカウント作成、ログイン
  • Drupal用語解説
  • コンテンツ作成

このような方におすすめ

  • ウェブサイトを自分で構築したい
  • Webサービス、Webアプリに興味がある
  • Drupalで業務システムやウェブサイトを開発したい

持ち物

  • ノートPC

アジェンダ

時間 内容
18:45 開場
19:00 ハンズオン
21:00 解散

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

mtanaka66

mtanaka66 wrote a comment.

2020/01/15 15:49

非常にわかり易い内容でした。ありがとうございました。

HikaruMaruyama

HikaruMaruyama published 2時間でウェブサイト構築!Drupalハンズオン.

12/17/2019 19:11

2時間でウェブサイト構築!Drupalハンズオン を公開しました!

Group

アクイアジャパン Acquia Japan

Number of events 3

Members 34

Ended

2020/01/14(Tue)

19:00
21:00

You cannot RSVP if you are already participating in another event at the same date.

Registration Period
2019/12/17(Tue) 19:11 〜
2020/01/14(Tue) 21:00

Location

渋谷スクランブルスクエア WeWork

東京都渋谷区渋谷2-24-12(渋谷スクランブルスクエア WeWork)

Attendees(5)

Nazmul Amin

Nazmul Amin

I joined 2時間でウェブサイト構築!Drupalハンズオン!

mtanaka66

mtanaka66

2時間でウェブサイト構築!Drupalハンズオンに参加を申し込みました!

kn1203

kn1203

2時間でウェブサイト構築!Drupalハンズオンに参加を申し込みました!

mryk

mryk

2時間でウェブサイト構築!Drupalハンズオン に参加を申し込みました!

makoto_ohmori

makoto_ohmori

2時間でウェブサイト構築!Drupalハンズオン に参加を申し込みました!

Attendees (5)

Waitlist (8)

ChristeeXT

ChristeeXT

I joined 2時間でウェブサイト構築!Drupalハンズオン!

KimmochiEguchi

KimmochiEguchi

2時間でウェブサイト構築!Drupalハンズオン に参加を申し込みました!

nokchan

nokchan

2時間でウェブサイト構築!Drupalハンズオン に参加を申し込みました!

takeuchidesune

takeuchidesune

2時間でウェブサイト構築!Drupalハンズオン に参加を申し込みました!

atsutamasahiro

atsutamasahiro

2時間でウェブサイト構築!Drupalハンズオンに参加を申し込みました!

どんちゃん

どんちゃん

論や思想とは、真理を積み上げて完成するのではなく、 相手に通るように削り込んで、無理矢理捻じ込まなければ、世に通らない性質の物だ。 イイねみたいな下らない同意は一切必要無い、真っ向から反論される事の方が、価値がある。 だから否定を恐れず、悲観せず、ひたすらに投げつけるべきだ。 リアクションがなければ、返ってくるように、論を削り直さなければならない。 そうしてトライ&エラーを繰り返して、分析して、通る論を形成していかなければいけない。 正論は存在しない、あるのはエゴを通せるか通せないかの結果だけだ。

Waitlist (8)

Canceled (5)